芬闘日記

フィンランドに移住してからの芬(奮)闘の日々を綴るブログ。只今フィンランドで院生1年目。海外移住、留学、国際カップル、北欧の生活など生の情報をマイペースにお届け。

TERIYAKIにSUKIYAKI!フィンランドの学食に和食?

もい!

 

今日は私が最近週3で食べてるフィンランドの学食について書いてみようと思います( ˆoˆ )/

 

フィンランドの学食はとにかく安い

そしてボリューミー!(基本的にはメインを一つ選び、後はビュッフェ形式です。※場所によります。)

 

でも外国人留学生の中には

「正直あんまり美味しくない…(°д°)笑」

と愚痴をこぼす人もいます。

 

確かに、日によるし場所にもよりますが、

お米(あまり美味しくない)+ 生野菜 

+メイン(よくわからない)

といったメニューが続く日もあります。笑

 

私も大学に入って1ヶ月半経ちましたが、

飽きてくる、というのが正直な所です。

2.6ユーロ(約340円)という破格の安さだから仕方ないかなという気もしますが(;´д`)

 

でも、そんな学食にも時々和食(っぽい)メニューが出ることもあります(´ω`)✨

 

コチラは照り焼きサーモン

f:id:Masai-Suomi:20181011133846j:image

想像以上に濃い味付けでしたが、ご飯とよく合う味でした。しかも一切れがデカい(๑°ㅁ°๑)!

因みに中央にあるパンは取り放題で尚且つ安定して美味しいので毎回取ってます。笑

 

コチラは別の大学で出たすき焼き風のメイン

(旦那が実食。)

f:id:Masai-Suomi:20181011133850j:image

すき焼きかどうかは?という感じだったようですが、普通に美味しかったそうです(*´ω`*)

 

一般の人も食べられるので(料金は学生よりもあがりますが、それでも他所で食べるより断然安いです。)フィンランドの大学の近くに来た際には是非挑戦してみてください( ˘ω˘ )💕

 

 

空き缶がお金になる!フィンランドのリサイクル事情。

もい!

 

先日溜まっていた空き缶やペットボトルをスーパーに持って行きました(*^^*)

フィンランドでは(他の国でもやっている所あると思いますが)、専用の機械に空き缶やペットボトルを入れるとお金が返ってきます。

 

そのため私たちは空き缶を洗ってから、このようにいつも溜め込んでいます(`・ω・´)

f:id:Masai-Suomi:20181007155728j:image

(この画像はもう既に沢山空き缶を機械に入れた後なので少ないですが、もっと大量に溜め込みます。)

 

缶やペットボトルの表面には下のように返ってくる金額が書いています。

f:id:Masai-Suomi:20181007160359j:image 

この缶だと0.15ユーロ返ってくることになります。

 

f:id:Masai-Suomi:20181007155942j:image

こんな感じで手で1個ずつ入れていきます。

画面に合計でいくら返ってくるかが表示されています。

 

f:id:Masai-Suomi:20181007155952j:image

吸い込まれる空き缶。

 

f:id:Masai-Suomi:20181007160633j:image

楽しくなってきます。笑

 

f:id:Masai-Suomi:20181007160722p:image

最後にこんな感じでレシートが出てきます。

大きめの袋2つにパンパンに入れて

合計7.25ユーロ(約950円)でした!

このレシートをレジに持っていくと現金に交換してくれます(・ω<)

 

金額だけ見るととてもお得な制度に見えますが、飲み物買う時にその缶やペットボトルの金額込で買うことになるので(例えば定価2.15ユーロのジュースを買うとレシートには2.0ユーロ=ジュース+0.15ユーロ=缶というように書いてあります。)そんなにお得感はありません。笑

 

お得かどうかは別として、リサイクルしたらスグにお金になるのはいいですよね( ˘ω˘ )

 

 

フィンランドのお菓子メーカーFazerのカフェに行ってみた。

もいっか✨

 

フィンランドのお菓子メーカーといえば、

Fazer(ファッツェル)

 

青いパッケージのチョコレートが有名で、

Geishaという名の日本にインスピレーションを受けた(らしいが味自体には日本らしさは皆無?笑)なチョコレートもあります。笑

 

そんなFazerは、チョコレートだけではなく、実はカフェも出店しています✨

 

f:id:Masai-Suomi:20181001014708j:image

私はブルーベリークランブルパンリンゴブルーベリージュースを注文。

(ここぞとばかりにブルーベリーを注文。笑)

 

食べにくいけど、上のクランブルのザクザク感と、中のブルーベリーが絶妙にマッチ。

パンはフィンランドではお馴染みのカルダモンの効いたシナモンロールのような生地で、凄くフィンランドらしい一品でした💕

 

ジュースはブルーベリーに惹かれて買ってしまいましたが、味はほぼリンゴ🍏笑

果汁も7,8割リンゴでした(;´д`)笑

(このジュースはスーパーでも売られていますよ(*´∀`*))

 

フィンランドのFazerに魅力された方は是非カフェにもどうぞ(´ω`)❤

(Fazer café/restaurantの詳細はコチラ↓)

Cafés & restaurants - Fazer

久々のタンペレ散策。めちゃ寒い。笑

もい!(*´ω`*)

 

最近更新が止まっていたのは

学校の課題に追われていたからです(・ω・)💦

 

流石に修士課程となると、課題の量も尋常ではありません。

なんせ一つの授業につき毎週論文2本読んでそれに対するディスカッションとかなんで…(´・ω・`)

 

休日が欲しい!笑(切実)

 

でも昨日はお友達をタンペレに案内してあげました(*´ω`*)ちょっと息抜き。笑

 

f:id:Masai-Suomi:20180929201912j:image

タンペレのシンボル、フィンレイソンエリアに来ました💕


f:id:Masai-Suomi:20180929201902j:image

タンペレならではの赤レンガとツタの感じが素敵です。


f:id:Masai-Suomi:20180929201906j:image

ハッシュタグ付けてるあたり、完全にインスタ映え狙い(°д°)笑


f:id:Masai-Suomi:20180929201858j:image


f:id:Masai-Suomi:20180929201918j:image

もうすっかり紅葉の季節です。フィンランドでは日本ほどの紅葉の文化はありませんが…

赤や黄色に色付いててとってもきれいです(*´∀`*)


f:id:Masai-Suomi:20180929201909j:image

でももう既にめちゃくちゃ寒いので、散策はもう限界かな。といった感じです(;´д`)

 

これからフィンランドに来られる方は、真冬の格好で是非(´ω`)♪

 

アポスティーユは不要?フィンランドでの結婚

もいっか!(*´ω`*)

 

先日、結婚しました!!✨

 

結婚に必要な書類集めは結構色々あったんですが…何とかなるもんですね( ˘ω˘ )笑

 

今日はフィンランドでの結婚に必要な書類集めについて、私たちの体験を元に書いてみようと思います٩(´✪ω✪`)۶

 

恐らくフィンランドでの結婚を考えてらっしゃる方達がまず見るのは、以下の在日本フィンランド大使館のページではないかと思います。↓

結婚 - フィンランド大使館・東京 : 領事サービス : 関連事項

 

私達はフィンランドで結婚の手続きをしたので、フィンランドで先に婚姻を成立させる場合」に当てはまります(´ω`)

 

1.結婚に必要な書類を揃えます

 

の所ですが、日本人の書類がめちゃくちゃややこしい!

 

法務局?翻訳会社?アポスティーユって??

と初めて遭遇する事態に頭にハテナがたくさん浮かんでしまいます…•́ω•̀)??

 

しかし、私は実は法務局にも翻訳会社にもお世話にならず(アポスティーユも取らず)に結婚の手続きを完了することができました✨その方法をご紹介します(*´∀`*)

※あくまで2018年8月現在の話なので、今後結婚される方は条件が変わる場合があります。

 

  • 婚姻要因具備証明書のもう一つの発行方法

このフィンランド大使館のページを見てみると、婚姻要因具備証明書が必要と書いてあります。結婚出来る状態であることを証明する書類のため、これは発行しなければなりませんが、この発行、実は法務局だけがしているわけではありません。このホームページをよく見てみると、以下のような記述があります。

フィンランド日本大使館 でも婚姻要因具備証明書を発行していますが、基本的に3ヶ月以上の居住者対象ですので、必ず発行条件などを直接お問い合わせください。

おぉ!フィンランド日本大使館でもやってるのか!(*´∀`*)

と思った私はまだ滞在許可など一切持っていませんでしたが、その時フィンランドに観光ビザで2ヶ月滞在していたこともあり、発行できるか問い合わせてみることに…

 

するとまさかのOK。笑

 

必ずしも3ヶ月以上の居住者でなくても発行出来るということですねε-(´∀`*)

 

この在フィンランド日本大使館が発行した婚姻要因具備証明書が、アポスティーユが不要になる鍵なんです。

 

  • 提出先のMaistraattiに確認

しかし、在日本フィンランド大使館が、「アポスティーユは絶対」のような書き方をしてるので、この婚姻要因具備証明書はどうするべき…(´・ω・`)?とモヤモヤしていました。

 

そんな時、今の旦那に頼んで確認してもらいました。

確認するのは婚姻要因具備証明書の提出先であるMaistraattiです。

流れとしては、

  1. フィンランドで発行した婚姻要因具備証明書にアポスティーユはいるのかをMaistraattiにメールで確認。
  2. 不要との返答。婚姻要因具備証明書をそのままMaistraattiに送付。
  3. 完了!

提出先に聞くのが一番確実だと思います。あくまで婚姻要因具備証明書はMaistraattiで婚姻を成立させるための書類なので、Maistraattiが認めればアポスティーユ無しでも大丈夫なようです。勿論元々英語で証明書は書かれていたので、翻訳会社での翻訳も不要( ˘ω˘ )かなりスムーズにいきました。

 

結論としては、

もしフィンランドにいるのであれば、(ビザの種類関係なく)フィンランド日本大使館で婚姻要因具備証明書を発行してもらい、それをMaistraattiに提出するのが一番簡単だと思います(。・ω・。)

 

でも先程も書いたように、

基本は提出先のMaistraattiに確認するのがベターです(・ω<)

 

今後フィンランドでの結婚を考えてらっしゃる方の参考になりますように…❤

 

 

 

 

 

【DAY 2】色々見たけど結局覚えきれない。

もいっか!(*´ω`*)

 

オリエンテーションウィーク最終日に授業の登録締切というタイトなスケジュールのせいでなかなか更新できずにいましたが、少しずつ紹介していきます(*`・ω・´)

 

オリエンテーションあるあるですが、色々紹介されても全然覚えきれず…

f:id:Masai-Suomi:20180903165201j:image

結局覚えれたのは私の所属科のメインの建物のみ。笑


f:id:Masai-Suomi:20180903165154j:image

日本の講義同様、ここでもやはりパワポハンドアウトが配られます( ˘ω˘ )

 

カリキュラムの構成としては日本よりもシンプルで、かなり自由な印象です😌

(もちろん専攻によると思いますが、私の研究科はみんな取る授業がバラバラです💧)


f:id:Masai-Suomi:20180903165158j:image

パンやコーヒー、フルーツなどを自由に取りながら話を聞くことが出来ました(*´∀`*)

こういう自由な雰囲気は結構好きです。

 

いよいよ明日から授業スタート。どんな感じになるのかワクワクです*1

*1:o(。>ω<。)o

【DAY 1】オリエンテーションウィークが始まったので行ってみた。

フオメンタ!☀️(おはようございます!)

 

今日からいよいよ、オリエンテーションウィークが始まります(*´ω`*)

 

私は訳あって大学から遠い所に住んでいるので、バスで約2時間、徒歩も合わせると約2.5時間かけて、今大学に向かっています(*´∀`*)

 

フィンランドでこれだけ通学時間をかけてる人も私ぐらいかと思います(^ω^;)

(だってヘルシンキ家賃高いんだもん…)

 

まぁこの2年間の間に引っ越す可能性もありますが、とりあえずは前にも書いたOnni busという格安バスで通学予定です( ˘ω˘ )

VR(電車)も高いからなぁ…笑)

 

吐く息も白い6:15、(フィンランドは今朝は10℃を切っています)いざ出発

f:id:Masai-Suomi:20180828124751j:image

窓の景色は、都会に近づくまではだいたいずっとこんな感じです。

 

f:id:Masai-Suomi:20180828124802j:image

 

ヘルシンキに到着するまであと2時間弱あるので、ちょっと寝ます(:3_ヽ)_

 

また大学に着いたら写真を観光客ばりにパシャパシャ撮ってこようと思います。笑