芬闘日記

フィンランドに移住してからの芬(奮)闘の日々を綴るブログ。只今フィンランドの大学入学準備に大忙し。海外移住、留学、国際カップル、北欧の生活など生の情報をマイペースにお届け。

【お久しぶりです!】日本の夏を堪能しています(進行形)。

もいっ(*´∀`*)

 

日本に帰っているため暫くブログをお休みしていましたが、

フィンランドに帰る日が近づいてきた

大学院入学準備が着々と進んでいる

ので、これからまた更新していきたいと思います。

 

「日本の夏」と言えば!

ということでフィンランドでは出来ない日本の夏らしい経験をしてきました💕

 

まずは

ヘルシンキは海沿いの街なんですが、

港町なので泳ぐ感じではありません(;´д`)

やっぱり海は泳いでなんぼ。ですよね←

 

シュノーケリングをしたいということで、

彼氏と一緒に福井県敦賀に行ってきました✨

f:id:Masai-Suomi:20180813171045j:image

コチラはダイヤ浜。小さな魚やウニがそこそこいます。

 

私が感動したのがコチラの海岸。

f:id:Masai-Suomi:20180813171319j:image

(曇り過ぎて綺麗な感じが全く伝わってないけど…)

手の浦海岸というところです。

小さな浜ですが、ヒトデやヒラメ、かなり大きな魚も見られました。

日本海って綺麗だね」と彼氏も感心。

 

そして、花火大会🎆

今回は淀川花火大会に行ってきました✨

f:id:Masai-Suomi:20180813171053j:image

(これまた私のカメラワークが酷すぎて良さが伝わってないけど…)

フィンランドを含む海外で花火と言えば年越しのイメージが強いですが、

日本ではとにかくその多種多様な花火を「鑑賞」することに重きを置いているので

綺麗なだけでなく、毎年進化する花火に感動させられます✨

 

これから暫くはフィンランドに移住するということで、今はとにかく日本でしか出来ないことを思う存分やりつくしたいと思います(´ω`)❤

 

そういえば、フィンランド大使館から在留カードも届いたので、それについても次回シェアしていきたいと思います✨

 

ブログぼちぼち再始動していきますので、

これからまた宜しくお願い致します(*´ω`*)❤

フィンランド語は難しいというより時々めんどくさいと思う。※個人の感想です。

もい!∩^ω^∩

 

最近仕事がいっぱい入ってきて嬉しい悲鳴な毎日です( ´∀`)

 

家庭教師の依頼も、ありがたいことに複数入っているため、

一旦こちらでの募集を締め切らせていただきますm(_ _)mごめんなさい…

 

さて、タイトルはかなりネガティブな感じなので語弊があるかもしれませんが、

フィンランド語大好きな私がフィンランド語を勉強する上でちょっと感じたことを

〜※あくまで個人の感想です〜

という注釈付きで書いてみたいと思います。

 

 

フィンランド語は一般的に「難しい」と言われていますが、

個人的には

"難しい"というより(色んな意味で)"面倒くさい"では?」

と思うんです(゚∀゚)

これは実はフィンランド人も思っているようで、

私の彼氏もよく言っています。笑

 

何がそんなにめんどくさいのか?

一部ですが例を挙げて紹介してみたいと思います。

 

1. 長い。笑

フィンランドを少しでも見たことがある方なら気づいたかもしれませんが、

フィンランド語って長いんです。笑

元々の語が長い場合もあるんですが、

英語でいう前置詞(例えばin, to, at)や修飾関係にある語が

全て一つに引っ付いてしまう性質があります。

 

例えば、前者の例を挙げると、

kylpyhuoneeseen (きゅるぷふおねーせーん)

一語でこれは長いですよね。

意味は「お風呂へ」です。英語で言うなら"to the bathroom"ということになります。

実はこの語、bathroomを表す語toを表す語が引っ付いています。わかりやすく色を付けると、

kylpyhuonee / seen

bathroom   /   to

という構造です。

因みにbathroomは元々kylpyhuoneという語ですが、

後ろにseenを伴うことで語形が変化し、kylpyhuoneeとなっています。

 

後者の「修飾関係にある語同士がくっつく例」は、

vaaleanpunainen (ゔぁーれあんぷないねん)

これも元々以下のように2つの語で構成されています。

vaalean / punainen

light red  (ライトレッド、要するにピンクのことです。)

英語だと、スペースを入れて書きますが(例えば light green)、

フィンランド語ではスペースを入れないので、元々の語が分かっていないと読みづらくなってしまいます。

因みにピンクはpinkkiとも言います。

こっちの方が簡単なので、彼氏もpinkkiを使うことをおススメしてます。笑

 

 

最初に挙げた例は、パターンが多いのでかなり複雑です。

特に数字が絡んだ時には

「え、マジか(°д°)」

と教科書をぶん投げたくなる程(※実際には投げないけど)複雑です。

因みに彼氏にも確認したところ、

ややこしすぎて「読んでいるうちに正解がわからなくなってくる」そうです。笑

同じ漢字を書いてるとゲシュタルト崩壊してくる感覚にやや近いかも?

そんな例を挙げてみようと思います(´ω`)

 

「25番目」(英語で言うと25th)は

kahdeskymmenesneljäs (かはですきゅんめねすねりやす)

となります。

既に長いですが、

これにさらに足して、「25階に/で」(英語で言うとon the 25th floor)というと

kahdennessakymmenennessäneljännessä kerroksessa

となります。笑 

(因みにkerrosは「階」の意味。kerroksessaで「〜階に、で」という意味になります。)

実は英語のonにあたる部分はフィンランド語ではssa(もしくはssä)ですが、

これがkerrosだけでなく序数にも全て付いています。(下線部が付いているのがその該当部分。)

 

噛みそう。笑

しかも文字にするとスペースがないせいで更に読みにくくなりますね。笑

 

 

ちょっと文法の説明が続いてしまい、

1しか紹介出来ませんでしたが←

またフィンランド語については勉強しながら色々書いていけたらと思います( ˘ω˘ )*

 

 

 

 

 

【やっと!】在日本フィンランド大使館に行ってきた!

もーい∩^ω^∩

 

今朝東京から帰ってきて、そのあと仕事と大忙しの1日で、

更新が暫くストップしてました💦

 

さて、予告していた通り、

在日本フィンランド大使館について

今日はシェアしたいと思います(*´ω`*)

 

広尾駅という所で下車。

f:id:Masai-Suomi:20180712114351j:image

 

この駅周辺にはたくさん大使館があるので、駅構内にも案内があります。

f:id:Masai-Suomi:20180712114430j:image

フィンランド大使館は1番出口が近いです(*`・ω・´)

 

Google mapに従って、道を進んでいくと、

フィンランド大使館の案内が見えます✨

f:id:Masai-Suomi:20180712114646j:image

この案内通り右に曲がると…

 

すぐ左手に見えてきます(´ω`)

f:id:Masai-Suomi:20180712114822j:image

 

フィンランドの旗もあるのでわかりやすいですヾ(*´∀`*)ノ
f:id:Masai-Suomi:20180712114818j:image

 

入口はこんな感じ✨
f:id:Masai-Suomi:20180712114649j:image

フィンランドのライオンが目立ちます٩(´✪ω✪`)۶

 

右側のインターホンもよく見ると…
f:id:Masai-Suomi:20180712114642j:image

ボタンが木製でしたΣ(´⊙ω⊙`)

なんかフィンランドらしいですね(´ω`)*

フィンランドは森林が多いからか木製の製品を扱ったお店が多いです⭐️)

 

インターホンで用件を伝えて門を開けてもらうと、右側の建物に通されます。

f:id:Masai-Suomi:20180712115253j:image

この「受付」と書いてある所で在留許可の手続き等ができます(・ω<)

 

中ではムーミンたちがお出迎え❤
f:id:Masai-Suomi:20180712115259j:image

因みに書類などの確認や指紋の登録は、フィンランド人の方が英語で対応してくれました( ˘ω˘ )

一時間ぐらいみてたほうがいいかなぁと思っていましたが、

実際手続きにかかった時間は30分強ぐらい?だったかなと思います(*´∀`*)

 

結果は直接窓口に行くか、郵送(500円)でも対応していて、

私は郵送にしました( *´•ω•`*)/

(東京遠いから…笑)

 

これで一番大事なミッションは無事完了しました!✨

 

東京もぶらぶらしてみるか〜☀️と思ったら、

またしてもフィンランド語を発見!Σ(°д°ノ)ノ

(最近癖になってる。笑)

f:id:Masai-Suomi:20180712120204j:image

Tehtävä???( ¬ ω ¬ )


f:id:Masai-Suomi:20180712120210j:image

アームカバーなどを販売してるブランドのようですが、

tehtäväってフィンランド語で「問題、練習」(英語のexercise)を表す言葉なんです(・ω・)

 

やっぱりフィンランド語って流行ってるんだと思いますが、

"とりあえず外国語だしかっこいいから使っとこか" 感が…(^ω^;)面白いですけどね。笑

【小ネタ】日本でフィンランド語ブーム?

もい(*´ω`*)✨

 

最近、日本のお店でやたらとフィンランド語を見るんですけど、プチブームなんでしょうか(´ω`)?

特に女性向けアパレル系ショップでは流行ってるように感じます( ˘ω˘ )

 

KIITOS= ありがとう)という名前の雑貨を扱うショップや、

 

SM2 keittiökeittiö = キッチン)という名前の「カフェちゃうんかい(;´д`)」と思ってしまうようなアパレルショップや、

 

ehkä söpö= 多分可愛い)という

直訳するとアパレルではあってはならないレベルの名前を持つアパレルブランド

などなど…

 

そしてこの前お店で発見したのが…

f:id:Masai-Suomi:20180708125505j:image

tutuanna(チュチュアンナ)という多分多くの女性が知ってる下着やルームウェアが売りのブランドのTシャツ!

 

Kiitos(ありがとう)

とだけ書いてある大胆なTシャツです。笑

 

この他にはMerciがあったと思いますが、

(まぁフランス語は何となくオシャレなイメージがあるのでTシャツ等に印字されるのは頷けますが、)

フィンランド語が「オシャレなアイテム」の 中に使われるようになってるのが不思議な感じがします(・ω・)

 

明日からは大使館に行くために東京に行く予定なので、東京旅についてもまた記事にしたいと思います⭐️

【レアケース?】こんな私でもフィンランドの大学院に入れました!

もい∩(´∀`)∩!

 

今日銀行口座を見たら、授業料分のお金がごっそり無くなっていて、

複雑な気持ちになってる私です←

 

今日は、

フィンランドの大学院受験に関して、

これからフィンランドの大学受験をされる方の参考になれればと思い

少しだけシェアしておきたいと思います☆

 

なんせ、自分はある意味レアケースだと思うので、

「あ、こんな人もいるんだな~(。・Д・)」ぐらいな感じで思ってくれたらいいかなあと思います(。・ω・。)

 

私の何がレアケースかというと、

1.フィンランドでの留学経験0→フィンランドの大学院正規入学

これは意外とレアだったようです('Д')

フィンランドで大学院に入学される方は、過去に交換留学などでフィンランドに来られている方が多いと思います。

 

でも、私は旅行でしか来たことがない…(‘・c_・` ;)。

(故にフィンランドの大学の仕組み全然わからない…笑)

 

フィンランド」というワードが突如自分の人生に出てきたのが大学3年の夏だったので、

それまで普通に日本の大学院通う予定でいましたし、

正直フィンランドの大学院は4回生になってもあまり考えてませんでした

(ちなみに私は5年間大学に通っていたので、5回生の時に考え始めました。)

 

でも何とかやってこれてるので、私と同じように

フィンランドの大学院を突如考え始めました!

って人でも意外と何とかなります。笑

 

因みに私自身、英語圏への留学経験も0なので、

英語をペラペラに話せないと入れないということもありません(´▽`*)

寧ろ、英語力以外のところが合否を大きく左右するということが、経験して初めてわかったので、大学院受験に関しても後々まとめようと思います。

 

 

2.独身でフィンランドの大学に入学

これはフィンランドの大学の有料化が大きいんだと思いますが、

(多分それ以前の方だと独身で大学に入られても問題なかったと思います。)

フィンランドの大学院に今年から入る方は、

もう既にフィンランド人と結婚されている方が多い!

なんせ授業料がタダになりますからね〜( ゚_ゝ゚)

(授業料をタダにするために結婚した方もいるそう…(;^ω^))

私たちは「授業料のために結婚するのはちょっと…(-ω-;)」と思っていたので、

授業料を払う決断をしましたが、

高額な授業料のせいでそうせざるを得ないカップルが出てくるのもわかります(´-ω-`;)ゞ

 

基本的に授業料だけで年間130万~260万円(大学とか専攻によって変わります)。

更にアパート代で月7万~10万円ぐらい(これも地域によって変わります)。

その他保険や食費や飛行機代などなど…で、

年間ざっと500万円という試算もあるぐらい、結構お金かかります(´・ω・`;A) アセアセ

 

でも大丈夫!私も500万円なんて大金、持ってないので!←

入学するときに年間の授業料を払える額の貯金があればとりあえずは大丈夫です!

 

因みに私は日本で、日本学生支援機構(JASSO)の有利子奨学金を借りていましたが、

利子を払うのが嫌だった(+何十年にも渡って借金に追われるのが嫌だった)ので、

一括返金することにしました💦

(いつ返還するかにもよりますが、一括返金すると、有利子奨学金であっても、借りた額+100円程度で返済が完了します!✨)

 

授業料の支払い奨学金という名の借金返済

により、今月私の口座の60%程度のお金はごっそり飛んでいくことになるんですが(泣)

(なので、所得証明はこれらの手続きをする前にされることをオススメします!)

これでもなんとか生きていってるので大丈夫…だと思いたい!(願望)

 

今のところ、フィンランドで得られる奨学金はまだ見つかっていないのですが、

大学入学後に大学の職員の方とも相談して、お金を確保していく予定です(A;´ 3`)

(また奨学金に関して有力な情報があれば、こちらでシェアしていく予定です

 

フィンランドの大学に入る金銭的なハードルは以前に比べて上がっていますが、

受験そのもののハードルは変わっていないと思うので、

これからも日本人の学生が来てくれればなあと思います❤️

 

※追記:

今日受取先の大学に授業料が届いたそうです✨海外送金はどれぐらい日数がかかるのか…と不安でしたが、手続きした日から約2日で届きました(*´ω`*)意外と早い。

 

 

 

【知ってればフィンランド通?】魔法の言葉no niin(ノニーン)

もい(´ω`)!

 

フィンランド語をまた少しずつ勉強し始めましたが、

フィンランドにいるとよく聞くフレーズに

no niin (ノニーン)

というのがあります。

 

フィンランド語で最も便利な言葉とも言われますが、

使える場面や意味が多過ぎるため、

外国人にとってはマスターするのが難しい言葉とも言えます(;´д`)

 

しかも文脈によって形も若干変わるらしく、

彼にノートにまとめてもらったのですが…

f:id:Masai-Suomi:20180705135816j:image

全然わからん( ̄▽ ̄;)

 

とにかくネガティブな意味にもポジティブな意味にもなるそう。

 

こういう言葉は日常会話で使いながらマスターしていくしかないかもしれませんね💦

 

私が好きなフィンランド人のコメディアンであるIsmo Leikola

この"no niin"についてユーモアを交えて紹介している動画があります♪

英語字幕付きです✨

(4分43秒の動画はコチラ↓1:28に"Noni"が初めて紹介されます。)

www.youtube.com

Ismo Leikolaの英語は、典型的なFinnish-English(フィンランド英語)の響きがあるので、

(話の内容も勿論面白いですが)言語を研究してる身としても彼の英語は面白いなと感じます(゚ω゚)★

 

【銀行 vs 私】絶対に負けられない戦いがそこにはある

もいっか!(*´ω`*)

 

私は2日間に渡って、銀行である手続きをしてきました(;´Д`)

それは…

大学の授業料の支払い:(;゙゚'ω゚'):

 

というのも、海外送金の手続きがかなりややこしいんです(;´Д`)

 

海外送金にはかなりリスクがあることを説明されましたが、

大学側は支払い方法の選択肢を2つしか用意しておらず

(しかもその内一つは、日本では使えない方法という不親切さのせいで)

Invoiceを使って海外送金をすることに…(^ω^;)

 

ということで今日は、

私の二日間に渡る戦いをダイジェストでお送りします!

 

【DAY 1】Invoiceも不親切で払えないの巻

大学からInvoiceを送ってもらい、

それを元に銀行窓口で手続きをしてたんですが、

この大学のInvoiceもこれまた不親切。笑

 

支店名銀行の住所の記載が無く

一日目はそれで手続き出来ない状態に(´-ω-`)

 

仕方ないので一旦帰宅し、

大学にメールで問い合わせてみました。

すると1日以内に支店名と銀行の住所はゲット出来ました

(この辺の対応はかなり早いです)

が、

銀行の名前がInvoiceと銀行のホームページで異なることが判明(^ω^;)

また再度問い合わせることに。

 

これまたスグに返信が来ましたが、

まさかの

“I suppose...”(〜だと思います多分。

から始まる文面(;´Д`)笑

 

いや、「多分」じゃ困るんですけど(^ω^;)

と思いながら一応それに従うことに。笑

一日目は必要な情報を全て収集して終了。

 

【DAY 2】日本からヨーロッパへの送金、そもそもメジャーじゃない(?)の巻

 

「今日こそは…」という気持ちで台風が迫る中再び銀行へ

 

基本的には行員の方の説明を受けながら自分でタッチパネルを操作して手続きをします(・ω・)

 

しかし、ここでまたしても問題が。笑

f:id:Masai-Suomi:20180704135443j:image

銀行コードアメリカ・カナダ・イギリス・その他の4択のみ!(;´Д`)

ヨーロッパに送金する例が少ないせいか、銀行員の方もどうすれば良いのか分からなかったようで、ここでかなり手こずりました💦

 

結局のところ、正解は小さく書いてある※の所が私のケースで、

ヨーロッパではIBANコードが主流なので、銀行コード」は無いようです(^ω^;)

(彼氏を連れてきといてよかったぁ〜。)

 

因みにこのIBANコードと呼ばれるめちゃくちゃ長いコードは、口座番号として記入します( ˘ω˘ )

 

そしてようやく…

f:id:Masai-Suomi:20180704140302j:image

振込手続き完了!

13000ユーロ(日本円にして約170万円)の授業料(1年間分)を送る手続きは一応これにて終了です(*´・ω・`)b 痛い出費だけど仕方ない…笑

 

あとで銀行から電話がかかってきて、

留学期間は「1年未満」か「1年以上」か聞かれましたが、正規の学生なので1年以上と回答しました(☆・´ω・`)

 

ふぅ〜。

銀行(もしくは大学?)との長い戦いが終わって、

何故か頭の中にワールドカップの音楽が流れました。(まぁタイムリーですしね。笑)

海外のInvoiceは結構見づらいので、思ったより大変でした💦

 

もしかしたら海外送金をこれからされる方もいらっしゃると思うので、参考程度に必要なことや注意事項を簡単に載せておきます(・ω<)

※ヨーロッパ(フィンランド)に送る時の注意事項なので、その他の地域では異なる可能性もあります。

 

銀行名、支店名、銀行の住所、受取人口座番号(ヨーロッパではIBANコード)、SWIFTコード、受取人氏名、受取人の住所、受取人の電話番号が必要です。(支店名は無くても手続き出来るようですが、送金失敗のリスクが上がるとのことです。)

・Invoiceに載っていない必要事項はなるべく早く支払い先に確認を取っておいた方が良いと思います。また、InvoiceをPDFなどのデータで送られた場合は、それを印刷した上で銀行に行くのがベストだと思います。(私も実際そうして、Invoiceのコピーも取られました。)

 

 

日本は残念ながらワールドカップのベスト8に進出ならずでしたが、

来週からは「大使館 vs 私」の負けられない戦いが始まりそうなので

(戦いの重みが全然違うわ!とツッコミが入りそうですが)

またブログでその様子もお伝え出来ればと思います(o・ω´・b)b